引越しは何月が安いか

MENU
ネットで簡単1分一括見積り!
かしこく選んでしっかり節約引越し!
無料見積りスタート
▼ ▼ ▼ ▼

どうして簡単に安い引越し業者が見つかる?

引越しは何月が安いか

引越しを考えると、不動産屋さんを訪ねたり、インターネットを使って物件探しをすることから始めると思います。

 

ここで、必ずチェックをするのが「家賃」だと思います。
しかしこの家賃、必ずしも、1年を通じて同じ金額で売り出されているとは限りません。

 

大家さんからしてみれば、空き部屋は、出来れば埋めてしまいたいもの。
空き部屋にしておくくらいなら、家賃を下げても入居させた方がいいからです。

 

家賃が月80,000円の部屋が1ヶ月空くと、80,000円の損害になります。

 

この金額を、2,000円下げて78,000円の家賃に変更した場合、40ヶ月で80,000円の差額が生まれます。

 

80,000円の家賃の部屋が2ヶ月空けば160,000円。
額を見れば、この損害を取り戻すのにどれだけ大変か分かったと思います。
ですが、下げ続けても、返って損害になりますから、更新時期に、元の金額に戻すこともあります。

 

従って、

  • 空き部屋が出来やすい時期
  • 空き部屋が埋まりにくい時期

 

は、家賃が比較的下がる傾向があります。
もちろん、下げない物件も沢山あることを頭に入れておいてください。

 

さて、引越しは、何月が安いのか。

 

それは、「4月中旬」です。

 

これはなぜなのか。

 

1月〜3月は、引越しのピークと言われ、引越し繁忙期真っ最中です。
ですが、それを終えれば閑散期に突入します。
世間は、新生活が始まり忙しい時期でえすから、この時期は、物件探しをする人がめっきり減ります。
ですから、家賃が下がりやすい傾向にあるのです。

 

但し、4月中旬以前に物件を探す人が多いので、いい物件が残っているかという点では、その確率は低いといえます。
ですが、掘り出し物の物件を発見出来るという面白さもあります。

 

また、9月・10月は、人事異動が多い期間です。
突然、物件にスポッと空き部屋が出来たりします。
この時期も、物件探しにいい時期といえますし、実際にいい物件が転がり込む可能性があります。

 

大家さんや不動産屋さんからしたら、突然空き部屋が出来るのは、正直困ります。
ですから、場合によっては即入居を求められることもあります。
この場合は、現在お住まいの物件の解約とのタイミングが合わないと、二重家賃が発生してしまいます。
この点は、十分に気をつけて、上手に調整し、交渉しましょう。

 

ちなみに、引越し会社の料金が安くなるのは、1月といわれています。ちなみに引越し業者の料金自体が安くなるのは1月です。
新生活に向けて、不動産物件を探す人はいても、実際に引越しにする人は、とても少ないからです。

 

逆に、2月中旬以降や3月〜4月上旬は、引越し繁忙期の為、引越し会社の料金が高くなることがあります。

 

これまでに挙げた時期も考慮しながら、引越しを検討するといいかもしれません。

簡単入力で複数社へ一括見積り

あなたに代わって全国の引越し会社へ見積もりを無料で依頼できるサービスをご存知ですか?

手順に従って条件を入力するだけで複数の引っ越し会社へ見積もり依頼が出来るので、わざわざ引越し業者に1件1件電話で問い合わせる必要がありません。

価格など競わせると、より希望に合った料金やサービスが提示されるので引越し業者がある程度決まっていても一括見積りだけは依頼しておくとさらにお得に引越しができるかもしれません!

引越し費用の相場や業者による料金の違いもわかります。その中から自分にあった格安業者を見つけましょう!

ネットで簡単1分一括見積り!
かしこく選んでしっかり節約引越し!
無料見積りスタート
▼ ▼ ▼ ▼