引越し先の方角

MENU
ネットで簡単1分一括見積り!
かしこく選んでしっかり節約引越し!
無料見積りスタート
▼ ▼ ▼ ▼

どうして簡単に安い引越し業者が見つかる?

引越し先の方角

ここ数年で特に注目されるようになった「風水」。 引越し先を決めるとき、どんな街に住むか、どんな物件があるかという点を決めていくと思います。 ですが、それと同じくらい、重視する人が増えていることがあります。

 

それは、「引越し先の方角」です。

 

引越し先の方角を大事にしている人っていませんか? 中には、自分にとって最も良いとされる方角がある人もいるようです。 最近では、賃貸物件でも、方角が記載されています。 それだけ、重視している人が多いということなのでしょう。

 

方角とは、ベランダやバルコニーがある側を基準として、南向き・東向きの物件が人気のようです。 ベランダやバルコニーがない場合は、窓が基準になります。 ですが、幾ら方角がよくても、窓を開けるとすぐ隣がマンションだったり、広がる景色が霊園だった、なんてこともあるようです。
一般的な方角の考え方>

 

・東向き → 眩しい朝日が差し込みますから、健康的な寝起きをすることが出来ます。
・南向き → 陽の当たる時間が長いので、部屋の明るさが保たれます。
・西向き → 西日が照りつけます。冬は暖かいですが、夏は暑さが厳しくなります。
・北向き → 日当たりが悪く、日中も部屋が暗い、湿気が多いなどのデメリットが多いです。

 

こう考えると、南向き・東向きの物件がいいといえるのではないでしょうか。 ですが、これはあくまでも、近隣に大きなビルや霊園などがないかを確認したうえで、初めていい物件といえます。

 

また、不動産屋さんが掲示している方角は、出来れば鵜呑みにしないようにしてください。 方角なあどの記載は、不動産会社の営業担当者が、まとめていることが多いです。 これをまとめているのは、足を使う為か、新入社員などの新人が多いので、信用出来るとも言い切れないのです。

 

物件を実際に見るときは、コンパスを持参するなどして、まず自分で確かめることが、一番いいです。 自分で確かめれば、納得いきますし、実際に方角が違っていれば、他の物件にも目を向けることが出来るからです。

簡単入力で複数社へ一括見積り

あなたに代わって全国の引越し会社へ見積もりを無料で依頼できるサービスをご存知ですか?

手順に従って条件を入力するだけで複数の引っ越し会社へ見積もり依頼が出来るので、わざわざ引越し業者に1件1件電話で問い合わせる必要がありません。

価格など競わせると、より希望に合った料金やサービスが提示されるので引越し業者がある程度決まっていても一括見積りだけは依頼しておくとさらにお得に引越しができるかもしれません!

引越し費用の相場や業者による料金の違いもわかります。その中から自分にあった格安業者を見つけましょう!

ネットで簡単1分一括見積り!
かしこく選んでしっかり節約引越し!
無料見積りスタート
▼ ▼ ▼ ▼